Googleが隠したい「池田大作の正体」とは?

Googleは創価企業

Googleの創業者「ラリー・ペイジ」が熱心な創価信者です。

なので、いくらGoogle検索しても「池田大作の正体」は明らかになりません。

創価企業であるGoogleが創価学会の悪評を弾圧しているからです。

池田大作は中国人

池田大作は中国ヤクザ青幇のドン「黄金栄」にそっくりです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄金栄

池田大作が中国人である証拠はこれだけではありません。

創価学会の熱心の信者であるジブリの取締役会長の「星野康二」は「李家」です。

「星野」という姓は「李」で、

「李」とは「李家」のことです。

「李家」とは、

イルミナティ13血流の1つである「ユダヤ人」です。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!
【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家)

戸田城聖も牧口常三郎も「李家」

実は、創価学会2代目会長「戸田城聖」も「李家」です。

満洲国皇帝の「愛新覚羅溥儀(李家)」にそっくりです。

しかも、創価学会初代会長「牧口常三郎」も「李家」です。

牧口常三郎は、大本教の出口王仁三郎(李家)と濃い血縁関係です。

中国は創価が作った国

中国建国の父「孫文」を支援していた「大日本皇道立教会」

「大日本皇道立教会」会長「中山孝麿」の「中山」の姓を、

自身の号(名前)にする「孫文(孫中山)」。

「中山孝麿」は「出口王仁三郎」とも「愛新覚羅溥儀」と血縁関係。

孫文→中山孝麿→愛新覚羅溥儀→李家

孫文→中山孝麿→出口王仁三郎→牧口、戸田→創価→李家

孫文と創価と李家がつながります。

しかも「大日本皇道立教会」の会員が「牧口常三郎」と「戸田城聖」です。

大日本皇道立教会は姿を変えて「創価教育学会」(のちの「創価学会」)になります。

中国建国の父「孫文」と密接に創価・李家は関わっています。

創価とファーウェイとコロナ

今、現在でも中国と創価はズブズブな関係です。

中国の習近平は創価大学出身者です。

ファーウェイは「李家」であり「李嘉誠」の後押しで世界的な成功を収めました。

そのファーウェイのロゴは「蓮の花」で「創価」の「八葉蓮華」につながります。

ファーウェイが今最も力を入れているのが「5G」。

「5G」は「スマートシティ化」に不可欠。

武漢、ニューヨーク、日本と「5G」が展開され「スマートシティ化」が進む国と、

「コロナパンデミック発生国」は一致します。

また世界保健機関WHOのテドロスは、創価の習近平から賄賂を受け取っています。

1990年11月3日には中国の「武漢大学」から名誉教授の称号をもらう「池田大作」

コロナパンデミックの仕掛け人は「創価」

コロナパンデミックは嘘です。

コロナパンデミックはでっち上げられたものです。

2020年3月から中国のコロナ感染者は「ほぼ0人」。

2020年5月から「武漢」と「日本」と空と海の定期貨物便が就航。

武漢と日本を直接つなぐ空と海の定期貨物便が相次ぎ就航(CNS(China News Service)) - Yahoo!ニュース
【CNS】10トン近い貨物を積み込んだ奥凱航空(Okay Airways)のフライトBK3209が10日午後、武漢天河国際空港(Wuhan Tianhe International Airport)

全く意味がなかった「ソーシャルディスタンス」

ソーシャルディスタンスはAIによる顔認証をしやすくする為のもの。

コロナパンデミックを仕掛けたのは「創価」です。

コロナパンデミックの狙いは「土地強奪」と「スマートシティ化」です。

コロナパンデミックは、コロナで倒産した企業を創価企業が乗っ取る計画です。

日本でスパーシティ化を推進する「スーパーシティ 有識者懇談会」の座長が、

創価企業のパソナ会長の「竹中平蔵」です。

竹中平蔵は、自身のTwitterで「コロナパンデミックの失業者が少ない」と発言しています。「コロナによる失業者がいないと、派遣社員を雇う派遣会社パソナが儲からない」という彼の本音が出たのでしょう。

コロナでもっと失業者を出したい「竹中平蔵」も「李家」です。

コロナでボロ儲けしようとしていた創価学会、李家一族です。

彼らの正体を暴けたのは「RAPT理論」と「神様の御言葉」があったからです。

創価学会やユダヤ人に騙されないためには「脳」を正しく使う必要があります。

「脳」の正しい使うのには「真理の御言葉」が必要です。

創価学会が存在する限り、コロナは存在します。

創価学会の悪事が全て暴かれて、1日でも早く創価学会が滅び去ることを心よりお祈り申し上げます。多くの人が「真理」に導かれることを切に願います。

RAPT×読者対談104 誰でも世界を変えられる。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました